CASE

  1. ワイヤー矯正症例

    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER

      重なっていたところがなくなり、磨きやすくなりました。

    • BEFORE
    • AFTER
    症状 歯が重なっていて、歯磨きがやりにくい
    着色がつきやすい
    診断 上下前歯部叢生
    処置内容 非抜歯で、装置で内側に倒れていた奥歯を起こして、できたスペースにワイヤーで歯を並べた。
    矯正期間 約2年
    費用 検査料¥22.000
    診断料¥44.000
    治療費¥825.000
    調整料¥5.500×24ヵ月
    保定装置¥44.000(上下)

    合計¥1,067,000
    リスク・副作用 ワイヤーがついているので、清掃がやりにくい
    装置が歯茎に当たり、口内炎ができる
    痛みがある
    歯肉退縮が起き、知覚過敏になりやすい
    続きを読む
  2. ワイヤー矯正症例

    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER
    症状 食事の時、前歯で噛み切れない。
    ガタガタで磨きにくく、虫歯になりやすい。
    診断 上下顎前歯部叢生
    処置内容 上顎前歯部は急速拡大装置にてスペースを作り、ワイヤー矯正でスペース内に並べ叢生を改善
    下顎前歯部はマウスピースで歯の方向、叢生を改善
    矯正期間 約 2年
    費用 検査料 22,000
    診断料 44,000
    治療費 825,000
    調整料 5,500×24
    保定装置 44,000
    _________________
    合計 1,067,000
    リスク・副作用 ・急速拡大装置で上顎を拡大出来ない場合、歯を抜いてスペースを作る可能性がある。
    ・マウスピースを20時間以上使用できない場合には、歯が動かない可能性がある。
    ・知覚過敏、歯肉退縮が起きる可能性がある。
    ・歯を動かす際に、痛みがあり食事がしにくい。
    ・装置に舌が擦れて口内炎ができる。
    ・装置を入れ続けているため、話しずらい。
    ・矯正終了後保定装置を入れておかないと後戻りする。
    続きを読む
  3. マウスピース症例

    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER

      噛み合わせが整い、前歯でしっかり噛み切れるようになりました。

    • BEFORE
    • AFTER

      矯正により、顎のラインや鼻筋もすっきりし、シャープなお顔立ちになりました。

    症状 食べるときに前歯で咬み切りにくい
    前歯を内側に入れたい
    診断 口唇閉鎖不全による前歯部開口
    下顎前歯部叢生
    処置内容 歯と歯の間を少しづつ削って(ディスキング)、マウスピース矯正により上顎前歯部の舌側傾斜(内側に倒れていること)と上下顎の叢生(乱れた歯並び)を改善
    矯正期間 約 5カ月
    費用 検査料 22,000
    診断料 33,000
    治療費 440,000
    調整料 5,500×4
    保定装置 55,000
    ________________
    合計 572,000
    リスク・副作用 ・1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。
    ・知覚過敏、歯肉退縮、歯の移動時の痛みがでる可能性がある。
    ・口唇閉鎖不全が前歯部開口の原因と疑われるため、原因の改善が見られなければ、保定をやめた際に後戻りのリスクがある。
    続きを読む